膝の水

 朝起きたら昨日の夜みたいな腫れた感じや痛みが減ってた
もしかして…このままいけるかも!?
でも、朝から家事をして立っていたら、どんどんまた痛みが出てきた
やっぱり無理か

★ところでなぜ膝に水が溜まるの???

 関節内には通常「関節液(別名:滑液)」と呼ばれる少量の液体が存在。無職透明で粘り気があり、関節がスムーズに動くのを助ける潤滑油のような働きをして、関節に滑らかさと弾力性を与えたり、関節の軟骨に栄養を与える働きをしている。
関節液は、関節内の滑膜(かつまく)という部分で作られていて、滑膜は新しい関節液を作りながら、古い関節液を吸収しており、通常、関節液の量のバランスは一定に保たれているらしい。
ところが、様々な原因により滑膜組織に炎症が起こると、滑膜から関節液が過剰に分泌され、この結果ひざの水(関節液)が多くなり、お皿の上部に水が溜まると。
 滑膜が炎症を起こすのは、膝関節内の軟骨や骨がすり減った「カス」や、骨の表面からはがれおちた「かけら」が関節包を刺激することが主な原因。

★治療は???

「①関節内の水を抜く」
「②水がたまる原因となっている炎症を抑える」

★液体の成分を調べて痛みの原因を特定

正常時                関節液は無色透明
黄色で透明          → 変形性膝関節症など
黄色で濁りがある(混濁) → 関節リウマチ、痛風、偽痛風など
白く濁りがある        → 化膿性関節炎
血液               → 半月板損傷、靭帯損傷、関節包損傷などの「ひざのケガ」「外傷性の関節炎」
油の混じった血液      → 関節内骨折(膝蓋骨折など)

夕方病院で抜いてもらいました
痛かった~(>_<) 針を刺すときにチクン 水を抜いてるだろう時に「痛い(>_<)」 しばらくして痛みがなくなったけど、ステロイドの薬を入れるときにまた「痛い(>_<)」

抜いた液体を見せてもらったけど黄色の透明でした 14mlほど吸えたって
でも、抜いてもらったら膝も曲げられるようになったし確かに楽になった(*^_^*)
1週間様子を見てこのまま治れば終了 治らなければMRIの検査だって

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック