伝染性単核症

 昨日の仕事が終わって家に帰ったのは朝の7時半
疲れて寝るぞぉ~と思っていたら、ちび太の目が腫れているのを見てあれ!?って思い頸も腫れているのを見て「うわっ おたふく風邪? 腫れてるし~」と言っちゃった
本当に左右の頸がこりこりっとなってたよ

ママはかかったことがあるけど子供の時だしぜんぜん記憶にもない
絶対におたふく風邪だわと思いこんでました

病院の窓口でもその事を話すと「本当だね 腫れてるね 」と隔離室に案内されて…
小児科の先生は「あぁ~ でも、耳下腺炎は全体的に腫れるけどちび太くんの場合はころころっとしてる 肝臓や脾臓も少し腫れているのと、顔も少しむくんでいるので伝染性単核症かと思う 白血病でも同じような症状が出るので採血して診断をつけましょう 扁桃炎もあるね~」と言うことでした

あぁ~そっち
そーいえば、ママも結構してすぐにサイトメガロウィルス肝炎になったなぁ~…
同じ感じだね

<調べてみたら>
 突然、38℃以上の高熱が現れ、1~2週間持続することが多い。化膿性扁桃炎、咽頭痛、イチゴ舌(ぜつ)などがみられる。頸部リンパ節、肝臓、脾臓がはれ、眼瞼浮腫(がんけんふしゅ)(上まぶたのはれ)もよくみられる

とりあえず採血 ちび太は入院歴2回あり点滴や注射にはわりと強い 泣いたことはないかも…
今日も一人で処置室に入っていきました
なかなかおわらないなぁ~…って思っていたら、「太い血管があったんですが失敗して2回刺してしまったんです 頑張ったね」と先生
出てきても泣いてなかったちび太
あとから、「注射痛かったよ 泣きそうになったけど泣かなかったよ」と誇らしげにお話してくれました
本当に良く頑張りました

検査の結果は1週間ほどかかるので、今日の診察は終了
熱はでるだろうということで、解熱剤が6回分処方されました

昼ごはんは「食べたいない…のどいたいしいらない」とジュースだけ
熱は38℃だったので解熱剤を飲ませて、様子を見ることに
おやつを少しだけたべたけどほとんど食べず

自宅に帰ってからもゴロゴロ横になって過ごしていました
夕食は何食べれるかな?

早めに解熱剤を服用させると、夕食は普通に食べてくれました
デザートのスイカも完食 今年はじめて食べたスイカ 意外に甘かった
もちろん「ママ~スイカの種はいらない」と
種を取って一口サイズにカットしてお皿に入れると美味しい~って
良かったぁ 食べてくれて
早く元気なちび太に戻ってね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック